フレーム工場を訪ねて

シャルマン 鯖江工場編

2005年11月に福井県鯖江市にある、潟Vャルマンのフレーム工場を見学して来ました。
500名以上が働いている、日本国内最大級の眼鏡フレーム工場です。
中国には約2600人が働く世界有数の巨大工場もあります。
シャルマンの最大の特徴は、全ての商品を自社で製造・販売しているところにあります。
製造部門:企画・開発・マーケティング→デザイン→試作→生産→品質検査
販売部門:マーケットリサーチ→プランニング→販売教育・促進→フィードバック

フレームを作る機械も自社で開発・製造し、他のメーカーの工場と比べると、技術者の方々も非常に多いです。

ここではシャルマンにおけるフレームの製造方法・修理・管理体制等をご紹介させて頂きます。

最も注目して頂きたいところは、おおまかな部品の製造は機械が行っていますが、
ロー付け・メッキ・磨き・転写など、ほぼ全ての工程に人間の手が加えられているという事です。

見たい工場をクリック!クリック!!
左側の茶色い建物が本社で、右側が工場です。
国内外合わせて、年間で700万本の生産本数を誇
る潟Vャルマンの全てがここに詰まっています。
今回、見学してきたのはこちらの本社工場です。
ここでは徹底した品質管理の下、小ロットにも対応
できるライン・システム作りが行われています。
福井県の名物と言えば・・・『ソースカツ丼』!!
中でも県内に19店舗を持つ名店です。
大正2年に東京誕生した歴史あるお店です。
ソースカツ丼以外にも色々なメニューがありました。
写真はミックスカツ丼でカツとエビフライがあります。
気になったのはパリ丼でした・・・。(笑)
伊藤光学に続き、2度目の登場になります。(笑)
弊社代表 古屋和義です。以後お見知り置きを・・・。
写真を撮る時は、とりあえず笑顔です。
日本海の荒波をうけた1kmに及ぶ柱状の断崖は、
迫力満点。北陸屈指の景勝地。
※画像にマウスを合わせた頂くと、画像が切り替わります。
ページ上へ 前のページへ