度の強い方のお悩み??? 
 
『レンズが厚くなる』 『価格が高い』
『ゆがんで見える』 『目の大きさが変わる』
『レンズに渦がでる』 『どう選ぶか分からない?』
 
このような疑問にお答えさせて頂きます。

Q 1 高いレンズを選べばよいレンズ?(高屈折レンズを選べば本当に薄くなるの?)
Q 2 どんなフレームを選べば薄く見えるの?(同じ条件のレンズでもフレームが変わればこんなに違う!)
Q 3 目の大きさが変わらないように出来ますか?(レンズの種類で違いがありますか?)
Q 4 薄くなる加工方法ありますか?(同じレンズを更に薄く)
Q 5 ガラスとプラスチックどちらがお勧め?(一般普及率は95%以上プラスチック)
Q 6 どの屈折率を選べばいいの?
Q 7 両面非球面てなあに?(設計の違いで何が違うの?)

Q 1 高いレンズを選べばよいレンズ?(高屈折レンズを選べば本当に薄くなるの?)
A はい。確かに理論上は高屈折素材をお選びすれば薄くなります。
しかし、度数によっては0.1〜0.2ミリ位とほとんど薄くならない場合があり
費用と比べて無駄な買い物になることがあります。
フレーム・度数データ・レンズ種類から、厚みを計算し、比較することが 出来ます。
度数に見合ったレンズをお選びください。
同一条件での厚さ比較
あなたはどの屈折率のレンズを選択しますか?
高い(高屈折)レンズが一概によいとは言えません。

Q 2 どんなフレームを選べば薄く見えるの?
   (同じ条件のレンズでもフレームが変わればこんなに違う!)
A 強度数の方の場合、出来るだけ小さな玉型のフレームを選ばれると厚みを効果的に薄く出来ます。
高屈折レンズを選ぶよりも大きな効果があります。
−10Dの強度数レンズ

小さなフレームなら1、67素材でもこの厚み。
1、74と大きな差はありません。

Q 3 目の大きさが変わらないように出来ますか?(レンズの種類で違いがありますか?)
A 近視レンズ(マイナス)は目が小さく、遠視のレンズ(プラス)は目が大きくなります。
残念ながらメガネでは、この変化を無くすことは出来ません。
その代わり、フレーム(玉型)を小さくすることで、見られ方は変わります。
 サンプル2つの枠で目の大き一さの違いを撮影
(正面写真)

『同じ比率で小さくなりますが、玉型の小さい方が
 目の大きさが目立ちません。
 また、顔の輪郭のくぼみに影響が少ないです。』


Q 4 薄くなる加工方法ありますか?(同じレンズを更に薄く)
A 近視レンズを薄くする『コバカット』・遠視レンズを薄くする『薄型加工』があります。
同じレンズでも数o単位で薄く出来ます。
 『コバカット』

メーカーの表現
H O YA  マイナスメッツ
東海光学  スライス加工
Nik o n  マイナスN E T


Q 5 ガラスとプラスチックどちらがお勧め? (一般普及率は95%以上プラスチック)
A 眼鏡店では決められません。 何を重視するかで決まります。
強度数の近視ではやはりガラス1.8・1.9は薄く仕上がります。
現状より薄くしたい方には、お勧めします。
また、耐久性(寿命)・透明感は圧倒的にガラスレンズの方が
優れています。
プラスチックの有利性は軽さです。 
また、両面非球面設計があるなど種類が豊富です。
どちらが良いか? 決して安いものではありません。
充分にご検討ください。

Q 6  どの屈折率を選べばいいの?
A メガネの度数によって、おおよその推奨屈折率があります。
コンタクト度数も目安になります。
 度数による目安表/ プラスチック ガラス

Q 7 両面非球面てなあに?(設計の違いで何が違うの?)
A 周辺部の歪みが少なくなります。
メガネレンズの設計は大きく3つに分類されます。
*球面設計(一般的なレンズ)
*非球面(片面外面) レンズの表面を低カーブに押さえ薄さと周辺部の歪みを抑えたレンズ
*両面非球面     レンズの表・裏の両方を非・球面化することで、もっとも高いレベルで歪を抑えます。
コンタクトでは歪まなかったのに
メガネでは歪む。それは・・・・

K特殊加工・フレームについて
フレームにも色々な形状が
ふち無しメガネや特殊枠の一部をご紹介します
ページ上へ 前のページへ